ホーム > 養育費の強制執行・差押え

養育費の強制執行・差押え

弁護士に養育費の強制執行・差押えの法律相談・無料相談・電話相談をしたい方へ

養育費の強制執行・差押えをお考えの方へ

  • 養育費が払われないので、相手の給料・財産を差し押さえたい
  • 財産を差し押さえたいが、元夫の住所や財産が分からない
  • 弁護士に窓口になってほしい、相手とは関わりたくない
まずは当事務所弁護士に
ご相談ください!

養育費の強制執行、
相手方の財産調査は、
養育費問題に強い弁護士に
お気軽にご相談ください。

弁護士が示談交渉に介入することで

ご依頼者様の声

  • 養育費が途中から未払いになって困っていましたが、相手の給料を差し押さえて回収することができました
  • 過去の養育費未払い分が多額になっていましたが、元夫の財産を差し押さえて回収でき、助かりました
  • 元夫の住所や預貯金などの調査は自分では難しいため、依頼してよかったです
養育費で
お悩みの方へ

当事務所の強制執行のサービス

弁護士がご依頼者様の代理人として、

● 相手方の財産や給料を差し押さえ、 未払いの養育費を回収します
● 必要に応じて相手方の預貯金等の財産を調査します(弁護士法23条照会)

※依頼者様が相手と関わる必要は一切ありません

 

  • 強制執行(きょうせいしっこう)は、相手方が養育費を支払わない場合に、公正証書や調停調書等の債務名義に基づき、相手方の財産を差押え、債権の回収を実現する制度です。
  • 差押えの対象によって、債権執行、不動産執行、動産執行等の手続きがあります。また、権利実現の実効性を確保する見地から、財産開示手続や第三者からの情報取得手続もあります。

    債権執行
    相手方の銀行預金、保険の解約返戻金、給料、売掛金等の債権を差し押さえ、強制的に回収する手続です。

    不動産執行

    相手方名義の不動産を差し押さえ、強制的に回収する手続です。
    但し、不動産に住宅ローンなどの担保が設定されている場合、回収ができない可能性があります。

    ● 動産執行

    相手方の住所・居所の動産(軽自動車、高額な家財、貴金属等)を差し押さえ、強制的に回収する手続です。
    住居所の動産は差押禁止財産が多いのですが、執行官が住所・居所に立ち入ることで、任意の弁済を促す効果があります。

    ● 財産開示手続

    財産開示手続は、相手方を裁判所に呼び出し、その所有する財産の内容を開示させる裁判所の手続です。相手方が裁判所に出頭しなかったり、財産について話さなかったり、嘘を言った場合は、刑事罰が科される可能性があります。

    ● 第三者からの情報取得手続

    第三者からの情報取得手続は、相手方の、①預貯金や株式・国債等の有価証券、②給料の支給者(勤務先)、③所有不動産に関する情報を、裁判所を通して入手する手続です。これらの情報を取得することで、差し押さえ可能な相手方の財産の把握が可能となります。

  • 強制執行の手続きは全て弁護士に任せることができます。依頼者様が相手と関わる必要は一切ありません。

養育費の強制執行を当事務所弁護士に依頼するメリット

1.速やかに、養育費の回収を図ります。

当事務所の弁護士は、相手方に関するご依頼者様からの情報及び当事務所で調査した情報を基に、迅速に強制執行(差し押さえ)を申立て、 速やかに養育費の回収を図ります。

2.強制執行の手続を全て弁護士に任せることができます。

養育費の強制執行を申し立てるためには、法律上請求できる金額を計算し、必要な資料をそろえて裁判所等に申し立てる必要があります。また、強制執行を申し立てた後も、裁判所や差し押さえ先(銀行等)と協議する必要があります。
当事務所の弁護士に依頼すれば、強制執行の複雑で煩わしい手続きを全て弁護士に任せることができます。ご依頼者様が手続や相手方と関わる必要は一切ありません。

3. 弁護士に依頼することで、回収可能性・回収率が高まります。

当事務所の弁護士は、ご依頼者様からの情報に加え、弁護士会照会等の方法により、差し押さえ可能な相手方の財産を調査し、最適な強制執行手続を申し立てます。経験豊富な弁護士が、相手方の状況に応じた方法により回収を図るため、ご自身で請求する場合に比べて回収率が高まります。

ご相談から解決までの流れ

養育費の強制執行の弁護士費用

弁護士に強制執行(差押え)手続きを依頼する
着手金 1申立につき5万円(税別)
報酬金 相手方から回収した金額の16パーセント(税別)
対象となる方
◆養育費・婚姻費用の調停調書や公正証書等がある方で、強制執行(差押え)手続きのみ依頼したい方

着手金について

● 相手との交渉業務は含みません。住所や財産の調査は別途手数料にて対応可能です
(弁護士会照会・その他書面照会1件5,000円(税別)、戸籍・住民票等公的書類の取得代行手数料1通1,000円(税別))。

● 強制執行の立会等を依頼される場合(動産執行等)、所要時間2時間あたり20,000円(税別)となります。

養育費の強制執行のよくあるご質問 FAQ

相手が養育費を払わない場合、強制執行することはできますか。何を差し押さえることができますか。
強制執行をするためには、相手のどのような情報が必要ですか。
給料の差し押さえはできますか。注意すべきことはありますか。

養育費のよくあるご質問 一覧へ

OTHER SERVICE その他のサービス
養育費で
お悩みの方へ