こんなお悩みありませんか?
養育費が払われなくなった…
養育費を取り決めたい…
財産や給料を差し押さえたい…
相手と直接連絡を取りたくない…
養育費でお困りの方へ
養育費で
お悩みの方へ
当事務所のサービスのメリット
01
安心価格
安心価格 - イメージ
  • 相談料無料
  • 費用分割払いOK
  • クレジットカード利用可
02
相談・依頼しやすい
相談・依頼しやすい - イメージ
  • 名古屋駅前・春日井駅前の事務所
  • 平日夜間・土曜や電話・テレビ会議(WEB会議)等での相談も対応
  • オンライン契約・郵送で契約可(ご来所不要)
03
豊富な経験で安心解決
豊富な経験で安心解決 - イメージ
  • 豊富な経験に基づき迅速に解決を図ります
  • 相手への請求・交渉・調停・強制執行等全てお任せ

料金について

STEP 01
ご予約・ご相談 相談料無料
STEP 02
ご契約・着手 着手金5万円~
STEP 03
養育費の回収成功 成功報酬金
クレジットカードも使えるので安心!

着手金について

(税別)

調査・交渉
5万円
調停
10万円
強制執行
1申立5万円

成功報酬金について

(税別)

未払分
回収額の16%
将来分
回収額の10%

ご相談から解決までの流れ

養育費に関するよくあるご質問

養育費に関するよくあるご質問をまとめています。
養育費を請求されたい方は、名古屋の弁護士法人中部法律事務所にお気軽にご相談ください。

養育費について知っておくべき
知識や注意点を弁護士が解説!

養育費について知っておくべき知識や注意点を、名古屋の弁護士法人中部法律事務所の弁護士が解説します。

ご依頼者様の声

養育費で
お悩みの方へ

養育費の基礎知識

養育費とは

養育費とは、子供を養育するためにかかる費用(生活費、教育費、医療費等)のことをいいます。

 

養育費はいくらもらえるか

養育費の額は、父母の話し合いで自由に決めることができます。しかし、父母の話し合いがつかない場合、家庭裁判所の調停で話し合うほか、審判で決めてもらうことができます。

家庭裁判所で養育費を決める場合、父母の資産や収入などの経済力に応じて養育費額を算定した、養育費算定表(https://www.courts.go.jp/toukei_siryou/siryo/H30shihou_houkoku/index.html)が参考にされます。

 

養育費はいつまでもらえるか

養育費は、子供が成熟し、自分の力で収入を得て生活していけるようになるまで、もらうことができます。一般的には、20歳を一応の目安に、その家庭の実情に応じて調整をするというのが実務の扱いです。

養育費の取り決め方法

養育費の取り決め方法について、民法は特に指定していませんが、後日の争いを避けるため、書面で取り決めることが望ましいといえます。

特に、強制執行認諾文言付公正証書、調停・審判によって養育費を定めた場合、未払いのときは裁判を経ずに強制執行ができるというメリットがあります。

養育費未払いの対応方法

養育費が未払いとなった場合、まずは通常の連絡方法(電話やメール・LINE等)で支払いを促すことが多いと思われます。

それでも相手が支払わないときは、家庭裁判所の履行勧告・履行命令制度(公正証書を除く)を利用したり、強制執行(給料や財産の差し押さえ)を行うことになります。

ただし、強制執行を行うためには、①債務名義(公正証書、調停調書、審判書等)を有していること、②強制執行の対象となる相手の財産を特定できること、が必要です。

養育費で
お悩みの方へ