ホーム > 解決実績 > 未払い養育費150万円を一括回収し、将来分も弁護士が毎月回収管理することになった事例
解決実績
当事務所の養育費の解決事例・解決実績をご紹介いたします

養育費の解決実績

未払い養育費150万円を一括回収し、将来分も弁護士が毎月回収管理することになった事例
調停で決まった養育費が約450万円未払い
未払い養育費として150万円を一括回収
さらに将来分も弁護士が管理して毎月回収予定

ご依頼前の状況

依頼者様は未婚で子供を出産し、相手男性から認知を受け、養育費の支払いを約束する調停を成立させていました。しかし、男性は約束通りに養育費を支払わず、当事務所にご相談にいらっしゃった時点で約450万円の養育費が未払いとなっていました。

実は、依頼者様は調停後に男性とのやり取りの中で「養育費はもういらない」と口にしてしまったことがあり、男性側はそのことを理由に、養育費は支払う必要がないと主張していました。

当事務所弁護士の解決方法

ご依頼を受け、当事務所が代理人となって改めて男性側と交渉しました。その結果、お子様自身の養育費請求権は消滅していないことを説得することができました。

金額は当初の約束どおりとはいかず、再度算定表に基づいて算出した結果、未払い養育費として150万円の一括払いに応じさせることに成功し、これを回収しました。

また、将来分の養育費の金額を確認し、今後は当事務所が回収窓口となって、毎月の支払いを受けることとなりました。

弁護士のコメント

ご依頼前の経緯によって回収が不安に思われる場合でも、あきらめずご相談ください。

弁護士による回収管理は、相手方に対する心理的効果も大きく、不払いの際にも早期に対応することができるのでおすすめです。

ご利用にあたっての注意事項

● 2021年09月16日 現在の情報を掲載しています。掲載日以降の法改正や裁判例等には対応しておりませんので、必ず最新情報をご確認ください。
● 掲載情報の正確性の確保に努めてはおりますが、いかなる保証もするものではありません。万一、掲載情報のご利用によってご利用者様に損害が生じたとしても、当事務所は一切責任を負いません。実際の事件に使用される場合は弁護士等の専門家にご相談ください。
● 掲載情報の著作権は当事務所に帰属します。転載や商用利用等、自己使用以外のご利用は禁止となります。
● 掲載情報やアドレスは予告なしに変更又は削除することがあります。
● 掲載情報自体に関するお問い合わせやご質問は応じられません。

養育費で
お悩みの方へ