ホーム > 解決実績 > 養育費請求調停を申し立て、算定表に従い月3万円の養育費を取り決めた事例
解決実績
当事務所の養育費の解決事例・解決実績をご紹介いたします

養育費の解決実績

養育費請求調停を申し立て、算定表に従い月3万円の養育費を取り決めた事例
養育費の取り決めなし
調停申立て→成立
算定表に従い子1人あたり月3万円の養育費
弁護士が毎月回収管理

ご依頼前の状況

依頼者様は6年前に離婚され、お子様2人の親権者となって育てられていますが、離婚の際に養育費の取り決めをしていませんでした。

ご自分で相手方に連絡をとってみても、いろいろと言い訳をされてきちんとした話し合いに応じてもらえないとのことで、お困りでした。

当事務所弁護士の解決方法

ご依頼を受け、当事務所の弁護士が代理人として家庭裁判所に調停を申し立てました。相手方は調停に出席して言い分を述べましたが、最終的には算定表の金額に従うこととなりました。双方の収入関係資料を提出して算定表に照らした結果、お子様一人当たり3万円が妥当だということになり、その金額で調停が成立しました。

今回取り決めた養育費については、当事務所の弁護士が回収窓口となり、今後毎月の支払いを受けることとしました。

弁護士のコメント

養育費の取り決めをする際、最も重要な基準となるのは算定表です。算定表の見方・使い方については養育費の弁護士コラム「養育費算定表とは?養育費算定表の見方を弁護士が解説します。」をご参照ください。

ご利用にあたっての注意事項

● 2021年09月16日 現在の情報を掲載しています。掲載日以降の法改正や裁判例等には対応しておりませんので、必ず最新情報をご確認ください。
● 掲載情報の正確性の確保に努めてはおりますが、いかなる保証もするものではありません。万一、掲載情報のご利用によってご利用者様に損害が生じたとしても、当事務所は一切責任を負いません。実際の事件に使用される場合は弁護士等の専門家にご相談ください。
● 掲載情報の著作権は当事務所に帰属します。転載や商用利用等、自己使用以外のご利用は禁止となります。
● 掲載情報やアドレスは予告なしに変更又は削除することがあります。
● 掲載情報自体に関するお問い合わせやご質問は応じられません。

養育費で
お悩みの方へ